NO.11 2000.2.28発行

花に誘われて

花だより
ここ小渕沢は八ヶ岳の麓、標高1,000mに位置するためは裾野からやってきます。
実相寺の桜と水仙まずは4月上旬、武川の実相寺の水仙、桜の便りが届き、続いてここから少し山側に車で5分程入った真原(さねはら)の桜並木も見頃となります。雪を残した甲斐駒ケ岳を背に約200本のソメイヨシノの並木道は壮観です。
清春美術館の桜武川村より遅れること一週間位で清春美術館のが見頃となります。この前身である清春小学校の落成を記念して大正14年に校庭を取り巻くように植えられた桜も 樹齢70年となり、南アルプスをバックに堂々と咲き誇ります。
穴山の桃畑この頃穴山ではの花が咲き始めます。良い桃をとるため、咲くそばから農家の人たちは摘花をはじめますので、桃畑は足下もピンクの絨毯を敷きつめたようになります。ここは南アルプスに対面する七里岩の台地の上にあるため眺めも良く、あまり知られていない静かな桃の里です。
オオイトザクラさらに一週間ほどで4月も下旬に近づくといよいよ小渕沢の天然記念物、神田(しんでん)の大糸桜の開花です。樹齢360年の巨木で、田園の真ん中のしだれ桜は遠くからも見渡せ、この時期は特急あずさの車窓からもよく見えますので車内アナウンスもされます。
真原のチューリップ神田の大糸桜が満開になる頃、最初の真原の桜並木は桜若葉のトンネルとなり、その横に広がる畑がパレットを広げたようにカラフルなチューリップの畑となります。甲斐駒ヶ岳がくっきり見える日は勿論のこと、春霞にけむる日も墨絵のようなバックに色鮮やかさが引き立ってそれはそれは感動的です。
こうして私達は1ケ月に渡って お花見を楽しみます。

カラマツの芽吹きそしてこの花の競演も終わる頃、それを待っていたかのように木々の芽吹きが始まります。八ヶ岳の新緑はなんと言ってもカラマツの芽吹きが素晴らしいのです。柔らかそうな針状の黄緑色した若葉が枝先に次々と現れ、唐松林は渡る風までこの色に染まります。そして白樺の枝先の小さな若葉も春の光を浴びてキラキラと風の中に揺れ始めます。林の中や野原には可憐な花や山菜も顔を出し、ウォーキングにも良い季節となります。
●● お花見マップはこちらです ●●

里山を歩く

◆◆ 「八ヶ岳歩こう会」に参加して ◆◆
昨年六月に発足した「八ヶ岳歩こう会」主催、99年最後のウォーキングは誓願ウォークです。
108しあわせの鐘小淵沢駅から淵獄山高福寺へ行き「108しあわせの鐘」を撞き、参拝した後は小淵沢郷土資料館を観覧して駅に戻るコースです。10時に集合した仲間と挨拶をかわした後、駐車場の片隅で、ウォーク前のストレッチ体操を10分程行いました。
矢の堂さあ~出発です。歩き始めてまもなく、義光山矢の堂と大宮神社へ。お寺と神社が隣同士に建っていて、おもしろいなあ~と感じました。ここから5~6分で、高福寺に到着です。鐘を撞くには、このお寺で500円の木槌を購入しなくてはなりません。心を静め、鐘を撞きながら参拝する巡礼霊場なのです。25人程の参加者が、あちこちで鐘を撞くので、カーン、コーン、カーン、コーン、かなりの音が響きます。私の前は年輩の女性ですが、この方が礼儀正しすぎて?困ってしまった。鐘を撞く前後に手を合わせ時間かけて参拝されるものですから後ろは行列になってしまいました。車を運転している時なら追い越しをかけるところですが、女性の前に出たいと思う気持をグッと押さえ参拝していたものですから108個目の鐘を撞き終わった時ドッと疲れが!参拝して疲れている自分に苦笑です。まだ未熟者の私。
この日は八ヶ岳がとても美しく見え嬉しくなりました。小淵沢資料館、外には旧平田家住宅(いろりの家)重要文化財です。係りの方の説明に昔を思い出し懐かしがったり触ってみたりの楽しい時間を過ごすことが出来ました。
「八ヶ岳歩こう会」のウォーキングイベントは当日参加も出来ますので、一緒に歩きませんか♪
(各ペンションにお問い合わせ下さい)
 
◆◆ 信玄ゆかりの地-馬場の里- ◆◆
観光協会による里山歩きの企画で2コースが設けられ、案内図や案内標識などの整備が行われます。今日はその一つのコースを歩いてみました。
大滝湧水公園小渕沢駅→日本名水百選・大滝湧水→標高日本一の富士山、2位の北岳、3位の奥穂高岳と日本の三高峰が望める「三峰(さんぽう)の丘」→樹齢360年の古巨木「神田(しんでん)の大糸桜」→甲斐、武田氏の発祥の地・馬場(ばんば)の里→小渕沢駅のコースです。
小渕沢駅を出て左に歩き始め、町役場の下を通り、信号を直進すると、中央線の下を抜けるトンネルの先に大滝神社が鬱蒼とした杉の大木に囲まれて建っています。この神社の裏手から、名水・大滝湧水がこんこんと湧いていて、湧水を利用した「湧水公園」が隣接されています。
三峰の丘大滝神社から中央線沿いに県道を突っ切って歩いてゆくと、線路で開けた森の遙か彼方に富士山が雪を頂いて白く光っていました。数分歩いて中央線の「桐畑」の踏切を渡るとすぐに「三峰の丘」に出ます。緩い登りの道を歩いてゆくと真正面に甲斐駒ヶ岳が迫って、その尾根の向こうに北岳がちょこんと顔を覗かせていました。左手には富士山が白く光っていて、右手の彼方には遠く穂高連峰が霞んでいました。ここから神田の大糸桜へ向かいました。20分程歩いて、神田部落を抜けると田んぼの真ん中に、大きく枝を張った大糸桜が見えてきました。この桜は、周りに遮る樹木がないため、南側からは八ヶ岳をバックに、北側からは南アルプス、甲斐駒ヶ岳を背景にした最高のビューポイントです。
ここから少し離れた馬場の里へ向かいました。馬場の里の石碑を左に入って城山公園に入ると、周りは大きな松の木、ツツジやヤマザクラなどが植えられていて、4、5月にはきっと見事なお花見ができるなぁ、という場所でした。
帰りは諏訪神社の横を通って八ヶ岳を正面に見ながら小淵沢駅まで戻りました。
もう一つのコースは小淵沢駅→甲斐小泉駅→三分一湧水→女取湧水→棒道→スパティオ小渕沢(温泉)→駅のコースで、駅前の観光案内所にコース案内図も置く予定です。

商人(あきんど)の館

小淵沢商工会では空き店舗対策として観光客や地元の人達に楽しんでもらえるようなユニークなお店を応援しています。現在は骨董品から手作り工房やかわいい小物の店など4号店まであります。
2号店小淵沢駅前を出るとすぐ右側に「商人の館2号店」があり骨董品・古美術・古民芸品などがきれいに展示されていて目の保養にもなります。
1号店そのまま商店街を進むと郵便局の先、右手に商品がところ狭しと並んでいる「商人の館1号店」です。ここは骨董品から雑貨・古着などなんでも有りのお店です。目玉商品が出ることもあるので時々覗いている常連さんもいてお店の人とのおしゃべりも楽しい。
更にすすむと左手に4号店「気になる店ガタチョコ」がありここにはかわいい小物やパンなどと依頼された作品の展示販売をやっています。
グリーンベルそしてその先、左手は3号店「グリーンベル」。ここは革製品の手作り工房になっていてハンドバックなどを制作している所も見ることが出来その場で注文も受けています。他にもステンドグラスやナイフなど展示販売しています。
ぶらりと商店街を歩いて掘り出し物を見つけるのも旅の楽しみのひとつですね。

音楽祭がやってきた♪♪

今年も八ヶ岳高原こぶちさわ音楽祭2000が始まります。
今春オープンの「フィオーレ小淵沢」のオープニングイベントやNHK「ふるさと自慢うた自慢」の公開録音なども組み込まれ盛り沢山です。町内のさまざまな場所でポップスありラテン・カントリー・そして笛や太鼓などあらゆるジャンルが参加しています。

山のパン屋桑の実1周年記念ありがとうイベント

山のパン屋桑の実は1999年4月のオープンから1周を迎えました。この日が迎え られるのも、お客様をはじめ、たくさんの方々のご協力があってこそです。そこで “ありがとう”の気持ちをこめて記念イベントを行うことにしました。どれもこれも 楽しくなりそう!!ご都合のつくイベントに是非、ご参加ください。
vol.1 1日天然酵母パン教室
  3月25日(土)10:00~3:00/4月1日(土)10:00~3:00
 八ヶ岳薬用植物園にて *詳しくはお問い合わせ下さい。
 vol.2 ジャズコンサート
  4月2日(日)1:00~/ スパティオ体験工房内/無料
 vol.3 フリーマーケット
  4月1日(土)11:00~3:00/ 4月2日(日)11:00~3:00
  スパティオ体験工房前/ 出店者募集中!! 
 施設使用料として売り上げの10%をスパティオ体験工房へ納め て頂きます
 vol.4 紙芝居・人形劇・朗読など
  4月1日(土)・4月2日(日)の両日、体験工房内、前で随時、上演します。
 
 vol.5 ありがとう菓子パン100円の日!!
  4月12日(水)/ パンの日にちなんで、ふだん120円~130円のパンをすべて100円で!!
 vol.6 こんなパン作ってコンテスト
  ~5月10日頃まで募集 5月30日頃発表
 日頃こんなパンがあったらいいなとお考えの貴方!!ぜひ桑の実にアイデアをお 寄せ下さい。採用されたパンは、その提案者の方と試作の上、‘桑の実’で店頭販売 します。 詳しくはお問い合わせ下さい。
vol.7 天然酵母サミット
 4月29日(土)/ 4月30日(日)/ スパティオ体験工房前
 いろんなお店の天然酵母のパンをいちどに手に入れられたら楽しいですよね。こ の2日間は、できるだけたくさんのパン屋さんにお願いして集まって頂く予定です。 乞うご期待!!
山梨県北巨摩郡小淵沢町2968-1スパティオ体験工房内
  山のパン屋桑の実 TEL0551-36-5227

▲ページトップへ
ホームへ