No.18 2001年冬号 2001.12月発行

冬を歩いて温泉であったまろう

入笠山と、ゆうとろん
近年ブームになっているスノージューのフィールドとして積雪の少ない時でもここなら大丈夫というのが入笠山。
富士見パノラマスキー場のゴンドラを往復利用するので一気に雪山に行くことが出来る。
ゴンドラの終点から約30分程でマナスル山荘だ。初心者なら大沢山西斜面の牧場内の散策だけでも楽しい。マナスル山荘は通年営業しているので温かい飲み物やおそばなどもあり休憩することも出来る。
中級者なら大沢山周辺一周もおすすめだ。約4時間の林道コースなので防寒や地図などの他お弁当や飲み物など‐‐の装備をしっかりして出かけ。よう。このXIスはマナスル一山荘から牧場北門そしてメド ブチまでゆるい下りで中央アールプスや北アルプスが一望で一きるIメドブチから今佐苑までは急な登り。あとは皐稲田 寮まで下りそこから車道を一20分程でゴンドラの駅に戻る。他にもお天気や体力に応じて大阿原湿原や牧場南門付名まてヌノーシュウの魅力を満喫出来るコースです。ゴンドラは片道のみ利用し帰りはスキーで下ることも出来て各人それぞれの楽しみ方を見つけて下さい。冷えた身体は温泉「ゆ〜とろん水神の湯」で。●0266(62)8080
 
清泉寮とアクアリゾート清里
清里でウォーキングを楽しむなら「八ヶ岳自然ふれあいセンター」でレンジャーの方に相談すると適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。 ここで紹介するのは1周約1時間の「クロスカントリースキーコース」です。林間と牧草地沿いのコースで冬のウォークに最適。スキーコースとなっていますが雪がなくても楽しめます。全体にアップダウンはそれ程なく自然を満喫できるので冬のクォークの醍醐味を堪能して下さい。積雪があれば「清泉寮」でクロスカントリースキーをレンタルすることも出来ます。温泉は「アクアリソート清里」 ●0551(48)5551
 
棒道と延命の湯
冬の「棒道」は葉を落とした唐松と枯れた下ばえの道を辿ることになります。八ヶ岳南麓でもこの何年間か1メートル近い積雪がありこの雪が新しい冬のウォークの楽しみを与えてくれることになりました。スノーシューは夏は草木が生い茂って入れない林の中でも歩くことが出来るので落葉した木々の枝に野鳥たちを見つけ野生の鹿の痕跡を発見することもあります。2001年2月の「棒道ウォーク」は図らずも雪道となり途中で鹿の群れに遭遇しました。雪のため餌を求めて下ってきた群れでした。冬のウオークの楽しみはこのような野生の動物との出会いの他に真っ白に雪を被った美しい富士山や南アルプスの山々を見ることです。そして改装して露天風呂も増えた「延命の湯」に直行しましょう。●0551(36)111

Snow Shoos

スノーシューとは西洋カンジキです。スノーブーツや長靴に簡単に取り付ける事ができ、軽量なので持ち運びにも便利で、フカフカの新雪でも深く潜ることなく歩けます何より嬉しいのがクロスカントリースキーやテレマークスキーなどは技術を収得するまでに時間がかかりますが、スノージューはつけたときからどなたにも簡単に雪のフィールドを歩き回れる事です。深い雪の時や斜面ではストックを持った方が 安全です。サー、出かけましょう!

この人にインタビュー

師走に入りどこの家々でも年末年始の行事や支度に忙しくなる時期でしょう。小淵沢では、どんな風にお正月を迎えるのか? 地元の坂口京子さんにお聞きしました。

小淵沢のおせち料理の準備は、もう秋から始まっています。秋に色づく沢山の柿。でもここは寒くて、柿は甘くならず、そんな柿は軒先につるされ干し柿となります。それを細く切って入れたなますや輪切りにした大根を一日千して、ゆずの皮やショウガの千切りを芯にして巻いたものを三杯酢につけたり、黒豆やたたきゴボウ、菊花大根などをお節料理として作ります。そしてお餅は二十八日か三十日につき、鏡餅とのし餅にします。大晦日は「おもっせ」といわれ、一日中お料理を作ったり、お正月の衣装をそろえたりして、夕食には白いご飯と鰯の尾頭付きとけんちん汁が付き物で、この野菜たっぷりのけんちん汁が翌日の元旦には焼いた切り餅を入れてお雑煮となります。今は高福寺や身曾岐神社など大晦日から元旦にかけて沢山の人で賑わいますが、昔はそんな賑わいも、道々の灯りもなく、地区ごとにある氏神様に家族で静かにお参りに行ったものです。

こんなお話しをして下さった坂口さんは十年ほど前まで小淵沢の保育園で給食を作っていらした方です。我が娘の保育園時代には行事ごとのお料理や季節の郷土料理を一つ一つ手作りしてくださいました。子供には小さな時食べたもの、体験したことが忘れられないらしく、今でも懐かしがります。そんな様子を見ると、食の大切さ、そして行事を楽しむことの大切さをしみじみと感じます。忙しく時が流れる現代だからこそ、昔からの年中行事の日にはちょっと時を止めて、行事の意味を考えたり、行事にまつわる食をもっともっと楽しんでみてはいかがでしょうか?

スカイウォークで楽々スノーランド

首都圏から近くて、道路には雪が少なく、晴天率が高い。ファミリースキーにはもってこいの条件です。寒い吹雪など最初に体験してしまうと 「もう、スキーはイヤー」となったり、疲れてしまった時にはゆっくりと休めるところが欲しいですね。それにすぐ大きくなってしまうのにウェアーやスキーなどそろえるのは大変だし、パパやママはまだご自身も「アー、思いっきり滑りたいなI」と思ったり、心配なこと、悩んでいること沢山あると思います。でも、おまかせ下さい。小淵沢周辺のスキー場にはそれぞれのお悩みを解消してくれますよ。
■富士見高原スキー場 0266(66)2932
完全独立型でワイドのスノーソリランドがあり、スカイウォークに乗って楽々ソリ遊び。無料休憩場もあり、子供レンタルも充実。リフトも係員が優しく安心です。
■富士見パノラマスキー場 0266(62)5666
ここは初心者・ファミリー専用のゲレンデがありチビッコも安心してスキーが出来ますし、ソリ専用ゲレンデもあります。土日祭日は幼児(3才〜5才)スクールもあります。
■大泉清里スキー場 05551(48)4111
滑走距離550mのソリゲレンデとは別に、今シーズンよりスノーパークがオープンしスノーランナー、チュービンーグ、キッズパーク、ワンワンパーク、変形自転車と楽しみ方もパワーアップ!託児所も完備で、チビッコスクール(5才〜6才)もあります。
■ザイラーバレースキー場 0267(91)1001
歩く歩道のあるキッスパーク内ではチュービングなどもますます充実。疲れたり、スキーやソリに飽きたお子様には楽しいプレイルームもあります。キンダースクール(4才〜9才)は雪遊びからはじめるクラスもあります。

オーナー紹介

和の安らぎ 心のもてなし 泉園(田中秀知)
泉園とは屋号の事です。昔からこの地では屋号で呼びあう習慣があったのです。私の祖父の祖父、浅川泉((初代村長)より由来するものと考えております。
以前の宿を処分し、2年の準備の後、昨年の8月にオープンしました。
親父は畑仕事に精を出し、じゃがいも、大豆、もろこし等、1200坪程の農地を担当。ご近所からの差し入れもあり今年の夏は、野菜、くだもの等は、ほとんどすべて地物でした。母は料理のだしに凝り羅臼こんぶを30キロも仕入れて煮物、漬け物に腕を振るっています。私は出来るだけ仕事をさぼって、ゴルフに精を出しています。駅より徒歩五分という立地条件の為、林の中というリゾートの雰囲気ではありませんが、なまこ壁の土蔵、和風の庭園、見晴らしのよい農地に囲まれた宿です。
駅〜フィオーレ小淵沢への道添い(徒歩の方のみ)にあります。是非、機会がありましたら、お立寄り下さい。

初詣 お神酒 おでん 甘酒

大滝湧水
この神社はあまり目立たないが参道を抜け階段を上がると滝の水音と荘厳な雰囲気に不心議な感動を受ける。普段は閑散とした境内も大晦日はお参りの人が後をたたない。ここでは升酒が振る舞われ焚火を囲んで見ず知らずの人達でも会話が弾む。都会の神社でほ考えられない程のアットホームな雰囲気に魅せられ毎年お参りに来る人も多い。日本名水百選にも選ばれている滝の水は年間を通して12度。夏は冷たくそして冬は温かく感じられるこの霊験あらたかなる水にも魅せられて。 
高福寺
毎年大晦日には大勢の人で賑わうのが高福寺です。ここは「百八つの幸せのつり鐘」があり木槌を買ってたたいて回ります。この鐘は過去・現在・未来に渡る心の苦しみを救い全ての人が幸せになることを念願して造立されにものだそうです。大きなつり鐘は順番を待てば誰でもつけます。11時に打ち出しが始まると人が集まり始め地元の人達によりお神酒、おでん、甘酒が振る舞われます。車で行かれる方は近くになると道幅が狭く人通りが多いので案内人の指示に従って下さい。なるべく早く行かれた方が拵策です。
身曾岐神社
身曾岐神社では大晦日からお正月にかけて能楽堂のある広い神社内は全国からの大勢の人で賑わい大祓い、除夜祭、明けの太鼓、初護摩火祥大神事、元旦祭、ひふみ粥神事などが行われま。火祥神事は床暖房の効いた火祥殿にて行われるもので前もって申し込んでおいたお札(御斉木が赤々と燃える御神火でおたき上げされるものです。茶席ではひふみ粥をいただくこともできますし養生館ではお蕎麦屋やおでん、麹まんじゅうなどがあ力屋台もたくさん出ています。

しし座流星群

流れ星を一度も見た事のない私は期待に胸をふくらませて小淵沢へ向かいました。
夕食後、目覚ましをセットして9時には床に着きました。何やら外が騒がしい。もう始まっていました。ペンションの真正面が獅子座です。「あっ流れた」「あっ落ちた」「えっどこどこ。わアー流れた。綺麗!」とうとう流れ星を見ました。「あっ左に流れた。 右にも飛んだ。真上にも!見た見た?今の大きかったね!」本当に素晴らしい天体ショーです。ピーク時には一秒に一個の割で流れていました。私達はオーナーが用意してくれたコーヒーを飲み、豚汁を食べ玄関を出たり入ったり
しながら夜空を見上げていました。雲ひとつない漆黒の空、輝く星々、美しい軌跡を残して流れる星、星、星。風もなく、思いのほか寒くなくて、2時間はあっという間に過ぎて行きました。千個以上の流れ星を見たでしょうか。もう一生こんな沢山の流れ星を見る事はないでしょう。
   桐生 久美子様より

イベントガイド

◇冬のウォーク大平林道/鹿ウォッチング
 2002年2月17日(日) 小淵沢ポレポレクラブ(36-3119)
◇アジアの聖地:石造遺跡一光と影 2002年1月13日 まで開催中
◇ヤング・ポートフォリオ展 2002年1月19日から 清里フォトアートミュージアム(48-5599)
◇榎本栄子彫刻展 2002年2月11日まで開催中 (小淵沢)フィリア美術館(36-4221)
◇日本の伝統食器展「日本の徳利展」 2002年4月14日.まで開催中
  (清里)萌木の村ホールオブホールズ゙(48-3535)
◇えほん村のクリスマス展  12月24日まで開催中
◇松村雅子・絵本原画展  12月24日から開催  (小淵沢)えほん村(36-3139)
◇七賢蔵開き 期間:平成13年2月10日〜2月17日 午前9時〜午後3時30分 入場料:300円

編集後記

秋は遊びの合間に仕事をしているといっても過言ではないほど外に出てばかりで気が付くと冬号の発行時期を大幅に過ぎ編集員全員大慌てでした。年末というのは忘年会やら大掃除やら何かと気ぜわしく編集員も全員揃わず出たり入ったりの中での紙面作りでしたがとにもかくにも印刷にこぎつけ一安心。今年は雅子妃殿下のご出産で重苦しかった吐の、中が明るくなった気がします’来年こそ平和な世界と景気の上昇を願うばかりです。(ふ)

▲ページトップへ
▲▲ホームページへ