No.62 2012年 冬号

小淵沢は周りの山や森の木々の紅葉も幕となり、赤や黄色の紅葉した葉が八ヶ岳颪の季節風に乗って舞ってきます。外は寒いですが、小淵沢のペンションの仲間は家の中に閉じこもってばかりはいません。雪の森や山の中を元気に歩き回ってます。今号はこの冬の楽しみ方を各ペンションが皆さんに紹介します。 

それぞれの冬模様・冬景色

冬のバラード(月下草舎)
静寂溢れる冬景色を迎えて21年。テレビも無く、電話も無く、何も変わらない旅の宿。変わったのは主のメタボ体形だけ。バーボンを片手に暖炉の炎に心を暖め、ガーランド・オブ・レッドのバラードに酔いしれる夜はいかが。
 
 暖炉の前で (わっ)
庭の木々も葉をおとし、歩くとかさかさと乾いた音が・・・。雪を抱いた山々や満天の星空も、ため息が出るほど綺麗です。
そのあとは、暖炉の前でワインを片手におしゃべりや読書も。
 
彩り豊か冬の鳥 ( あるびおん)
八ヶ岳の冬のお薦めはバードウォッチング。葉の落ちた明るい林の中では、アカゲラやコゲラ、エナガ、シメやイカルが、そして運が良ければベニマシコやオオマシコを見ることが出来ます。この冬はぜひ双眼鏡と野鳥図鑑を片手に歩いてみてください。
 
スノーシューで雪まみれ (風路)
冬は何と言ってもスノーシュー! 冬の森や林の中は別世界です。歩くのが好きであれば経験が無くても大丈夫。お薦めは入笠山や清里。八ヶ岳には「遊びより」「ひといき荘」等、頼もしいガイドも揃っています。入笠山のマナスル山荘は冬のオアシス。キナコ餅も超お薦めです!
 
冬の一番 (フィールド)
いよいよ1年で一番綺麗な季節がやってきました。八ヶ岳・南アルプス・富士山と雪化粧した山々が一番綺麗。凛と冷えた空気が一番綺麗。澄み切った青空が一番綺麗。夜空を埋め尽くす無限に広がる星空が一番綺麗。他にも沢山の一番がある冬の八ヶ岳南麓是非、体感しに来て下さい!
 
スキーお得情報  (ボタンダウン)
 八ヶ岳周辺のスキー場はお得がいっぱいです。サンメドゥズ清里スキー場では55才以上は子供料金と同じです。また3月1日からは中・高・大学生は子供料金です。富士見パノラマスキー場では50才以上はシニア料金になります。また未就学児はゴンドラ、リフト無料です。富士見高原スキー場もシニア料金がお得です。
 
 冬の自然とふれあう (シェムニ)
自然系のお好きな方には清里の八ヶ岳ふれあいセンターがおススメです。自然案内人(レンジャー)と一緒に森のお散歩。寒い冬に生物や植物たちはどんな風に過ごしているの?そんな疑問に体験や遊びを通して答えてくれます。参加費は無料です!
 
冬は温泉!  (泉園)
何と言っても寒い日の露天風呂。汗をかくほどしっかりあたたまり、それを半分凍ったタオルでぬぐう気持ちよさ。個人的にはサウナの後、水風呂代わりに、外気で体温を下げます。
これも何とも言えませんよ。
 
星の玉手箱 (うおっちんぐ)
寒さで外へ出ることをためらうような夜。思い切って庭に出て夜空を見上げる。そこには都会では見られない美しい星々の輝き。明るい星が多く、空気の透明度が一番の冬。天の川や流れ星にも出会える。ひときわ目立つ木星。ガリレオ衛星が可愛らしい。
 
冬山への誘い (碧い空)
 ”朝の神々しい甲斐駒ケ岳”
冬の日の出時間の甲斐駒は本当にきれいです。
 

オーナーの☆☆☆(三つ星)話

夢は八ヶ岳シネマ ペンション 風蕗ホームページ
私たちの趣味はウォーキングと映画です。こちらに来てしばらくは映画館も無いし、映画とは縁遠い生活でしたが、自然の中でウォーキングをしていれば満足でした。しかし数年前に町のホールで「こんばんは」という映画の自主上映が行われ、それがとても良かったので眠っていた映画好きの虫が目を覚ましました! そして「いのちの作法〜沢内生命行政を継ぐ者たち」との出会いがあり、多くの仲間の協力で上映会を大成功させることができました。それ以降は「こんな映画があるんだけど」と自主上映のお誘いがあちこちから。「いのちの作法」のプロデューサーの都鳥兄弟、「祝の島」の監督纐纈あやさん等、眩しいような感性を持つ若者にも会うことができ、彼らを活かせる機会がもっとあったらいいのに、とも思いました。小さな宿というのは小回りが利きます。お客様の少ないオフシーズンの平日の夜、ダイニングで時折「試写会」を開くようになりました。大きな窓の白いロールカーテンがスクリーンです。10人程の小さな試写会ですが、ここから少し大きな上映会に広がることもあります。つい最近は「フクシマからの風」を近くの町の図書館2階で開催。「第3の人生は小さな映画館もいいかなぁ」と冗談交じりに言ったら、風路のコックは映画の感想を言い合ったり、軽食も食べられる「カフェ」を片隅でやるそうです!?さらに舞台も欲しいとか!?

国文祭24景フットパス

 
国文祭ということばを聞いたことがありますか?国体の文化版で国体と同じように毎年どこかの県で行われているそうです。そして来年は山梨県の番! 各市単位でもいろいろなイベントが行われますが、我が北杜市では5つの柱があります。
1つは歴史や文化を訪ねるウォーキング(フットパス)、2ことばの学校、3コーラス4囲碁、5稲絵です。特にフットパスは毎月のように歩く企画があります。「北杜市24景」と言って北杜市の素晴らしい景観が24ヶ所選ばれていて(とても24じゃ納まらないですけど)その景観を見ながら歩くコースです。1月19日は「スノーシューで歩く清里の森」、2月16日は「甲州街道台ヶ原宿」、4月20日は「津金三代校舎と海岸寺」という具合です。またこの国文祭応援事業として、「北杜フットパスまつり」が行われていて1月15日に「明野道祖神まつり〜おやなぎさん〜」というウォークもあります。いくつかのコースの下見をしましたが、本当に歩くといろいろな発見があり興味はつきません。ぜひ一つでも二つでも歩いていただきたいです。料金は500円(11月の大会のみ1000円)です。0551(36)3826
■2013年フットパス予定
・5月12日 白州尾白の森 ・6月15日 縄文の里
・7月20日 オオムラサキの里  ・8月20日 ひまわりと太陽の里
・9月21日 武川米のふるさと ・10月19日 増富と紅葉の警告
・11月9日・10日 棒道ウォーク 

キャンドルナイト

小淵沢ペンション振興会のキャンドルナイト、今年も12月20日(木)19時から行います。最初に短編アニメ「ネコマチッタ物語」を上映します。副題は「ネコも考えるエネルギーのこと」。エネルギー問題は地球上の全ての生物に係わる話ですから、ネコにとっても「ひとごと」じゃないですよね。木肌を活かした登場人(猫)物が活き活きと動く面白さも味わっていただきたいです。そして振興会ハンドベル部の猛練習(?)の成果や、オカリナ、ギター&ピアノ演奏等。休憩時には各ペンション自慢のケーキが並びます。最後は恒例歌声喫茶です。「みんなで歌いましょう」♪ 詳細は各ペンションへ。

風のたよりとたん歩歩と私 立川節子

ぺンションたん歩歩さんより『風のたより』を送っていただき何年になるだろうか!!まだ元気いっぱいで友人とたん歩歩にお世話になり、遠く八ヶ岳を見上げながら小淵沢周辺の散策をしたり、清里の美味しいソフトクリームに感激したり、都会では味わうことができない清らかな空気、時が止まった静寂な空間、ただそこに佇むだけで至福の時間が流れる思い出深い小淵沢。もう一度と思いつつ、少しずつ外出に支障をきたすようになった頃、なつかしい小淵沢の情報紙『風のたより』が四季をとおして届くようになりました。春には見事な桜の名所案内、そうそうあの場所には行ったとか、目に浮かぶなつかしい景色が紙面をかざります。夏には樹木を使った「木登り」、秋には「〇〇ウォーク」「収穫祭」冬にはウインタースポーツ等々。四季を通した盛り沢山の情報のテンコ盛り、読むだけで気分はもう小淵沢。本当に気持ちを豊かにしてくれる『風のたより』は楽しい情報紙です。11月30日かぎりでなつかしいペンションたん歩歩がクローズとのこと。長い間楽しませて戴いた『風のたより』ともお別れになりますが、これからも心温かい楽しい情報を発信されますようお祈り申し上げます。長い間ありがとうございました。

八ヶ岳スケートセンター

標高1000mの一周400mのオープンリンクです。野外にリンクがあるので景色を見ながらの開放感のあるスケートは最高に気持ちがいいですよ。営業日は2月11日までの予定です。営業時間は、9時〜18時。小淵沢ペンション振興会のペンション振興会では、スケート靴レンタルが半額の割引があります。 0551-36-4796

編集後記

 私ごとですが、11月17日第3子が誕生致しました!
現在8歳になる長女が生後4ヶ月の時に小淵沢に移り住みペンションを始めました その後4年後に長男誕生、そして今回の次男となります
気が付けば3人共オリンピックイヤーベビーなんです!
家族のためにもこれからも小淵沢・八ヶ岳の発展の為にお父さんは頑張ります 
(フィ)

▲ページトップへ
▲ホームページへ