No.66 2013年 冬号

寒いほどお得フェア 寒暖計からホットな楽しみが!

今回で13回目を迎える八ヶ岳高原の冬のイベント、「寒いほどお得フェア(2015年2月1日〜28日)」が八ヶ岳観光圏エリア(山梨県北杜市・長野県富士見町・長野県原村)で開催されます。
圏域全体で行っている「八ヶ岳天空博覧会」の食のパビリオンの一つでもあるこのイベント、参加店舗数は前回で80店舗を越え、今回は確実にそれを上回るでしょう。また全国ニュース等で取り上げられた事もあり随分と定着してきましたし、地域が盛り上がっているように感じられます。
さてこの「寒いほどお得フェア」って一体どんなもの? 簡単に言ってしまえばそのまんま“寒いほどお得”という事なのですが、朝10時の清里駅前の気温によって加盟店での飲食やお土産等の料金がお得になるというもので、
・5℃以下なら 10%OFF
・0℃以下なら 30%OFF
・マイナス5℃以下なら 50%OFF
となります!
何と本当に寒い日は半額ですよ“半額”!
ここ八ヶ岳南麓小淵沢も冬は長く寒くそう言った意味では厳しい時期なのですが、このイベントが開催される2月だけは「まあ、いいか。寒ければ安く外食ができるから」などと思ってしまいます(笑)。
こんな楽しいイベントなのですが一つ問題点が・・。
それは飲食店やお土産屋さんは比較的加盟しやすいこのイベントも我々ペンションのような宿泊施設には参加し辛く馴染みにくいという意見が多くあり実際に加盟する宿泊施設も少数であった事です。
でもご安心ください。今回から宿泊施設向けに新しいルールが加わり参加する施設も増えてくると思われます。
そのルールとは、宿泊施設においては気温によってそれに応じた次回宿泊時に使用できるクーポンを発行するというものです。
例えばお客様がご宿泊された日の気温がマイナス5℃以下であった場合、次回利用できる宿泊代金50%OFFのクーポンをご宿泊人数分発行するというものです。
お客様からしてみれば八ヶ岳南麓を訪れ、気に入っていただけた所で次回の宿泊割引クーポンが入手出来る。我々宿泊施設側からしても決してマイナスにはならないなかなか考えられたシステムだとは思いませんか?
ちなみにマイナス5℃以下で50%OFFとなった日数は、一昨年が9日間、昨年が13日間です。はたして今シーズンは何日になるのでしょうか?!
年々盛り上がって来ているこのイベント、「寒いほどお得」というお得感だけでなく「寒いほど美しい」「寒いほど楽しい」といった魅力も同時にお伝えしていければと思います。ただ寒いだけでは無い冬の八ヶ岳南麓地域に是非お出かけ下さい。

寒いほどおサイフにやさしい
初めての「お得体験」は清里のロックで。その時はベーコンカレーだけが対象だったので、迷わずそれを選びました。1割引でもうれしかったです。また、たまたま小淵沢・道の駅のレストラン「ビーンズ」に入り、温かいものが食べたかったので、ほうとう(850円)を注文。85円入りの小袋を頂いたこともありました。初めは清里周辺のお店が中心だったのが、小淵沢のお店もずいぶん増えています。朝10時に発表される温度を確認して、どのお店に行こうかとあれこれ迷うのも楽しい。普段なかなか行くチャンスがないようなお店に行ったり、ちょっと高級なメニューを「半額ならいいか!」と思い切って頼むこともできます。
ペンションのオーナーに聞いてみたら、穴場的なお店を教えてくれるかもしれません。きょうは暖かいな〜と残念に思ったりして・・・

スキー情報 ゲレンデに翔け、子供たち

富士見高原スキー場ホームページ
キッズランド(ソリスノーランド)はゾウ、犬、パンダ、カバ、ネズミ、クマの大きな滑り台が目印のアニマル遊園地です。スキーゲレンデと完全に独立しているので安心してソリ遊びが出来るチビッ子天国です。入場料は1,000円・プラスチックソリ付(3才未満、65才以上の付添者は無料)

富士見パノラマスキー場ホームページ
キッズアクティビティクラブ「GAO」が登場!4才以上のお子様の「ゆきやま大冒険」と「ゆきやま登頂スノーシュー」雪原コース・山頂コースのプログラムがあります。

冬至の灯り キャンドルナイト

改めておさらいをいたします。2001年、ブッシュ大統領が1ヶ月に1基原子力発電所を建設すると発表、それに対し、カナダにてその政策に反対するため「100万人のキャンドル・ナイト」を立ち上げ、夏至と冬至に夜8時〜10時の間、「電気を消しスロ―な夜を」という運動が起こりました。日本では辻信一明学教授らによって広められました。
この運動に振興会も共感し参加、企画をしてきました。東日本大震災後のライフスタイルの価値観が根本的に問いただされ、砂上の上に立つ危うい中で生活が成り立っているかと知らされました。そして最も環境に優しいとされていた原子力発電の神話が崩れた中で、私達は地球に対しより謙虚に生きなければならないと教えられました。今後、キャンドル・ナイト運動は重要性を増していく事になると思われます。お客様参加型イヴェントの楽しい演目、歌声喫茶もオープン。
開催日:2013年12月15日(日)
会場:月下草舎 開演19時 入場料 1000円(ケーキ飲物付)
食事:ビーフストロガノフ 1300円。

ポレポレスノーシュー入笠山 白銀への招待

小淵沢ポレポレクラブのスノーシューイベントが復活です。素晴らしい景色と銀世界をスノーシューで歩く楽しみを、今年も皆さんとご一緒しましょう。
富士見パノラマリゾートのゴンドラで山頂駅まで行けば、そこはもう1780m。目の前の八ヶ岳から蓼科の山々が連なりる景色を眺め、ここからスノーシューを履いて歩きます。入笠山湿原を抜け、ゆっくり景色を楽しみながら、なだらかな大沢山を登ります。ここまで来れば見える山は中央アルプスから北アルプス、下りは富士山を眺めながら尻滑りかな?温かなランチも待ってます。レンタルもあり、お手軽に参加下さい。

銘醸の蔵開き「七賢」

日本酒党のみなさんが毎年首をなが〜くして待っている「七賢蔵開き」(山梨銘醸の酒蔵開放)! 2014年も2月8日(土)〜16日(日)に行われます。利き酒料700円を支払うとお猪口(お土産付き)が頂けます。まずはしぼりたての新酒をいただきましょう。蔵の中で行われている試飲会場には自慢のお酒が何種類も並び、ひとつひとつ味わって、自分の好みを探すのも楽しい。会場内では、毎年地元のクラフト作家たちの展示会が行われていてそちらも人気。おでんや豚汁等を安価で食べられる特設テントも開設されていて、賑やかです。甘酒も人気! また、申し込み順に酒造蔵の見学もできます。更にこの時しか買えない「蔵出し」というお酒も超お薦めです。新宿から直通バスも出るとのこと、試飲をしたい方は要チェックです。

冬空のイルミネーション

この冬一番の天体ショーはアイソン彗星でしょう。太陽に最も近づく11月29日の近日点を過ぎて、太陽の熱で熱崩壊しなければ12月5日から10日頃が見頃でしたが残念ながら核が崩壊したようです。12月後半は日の入り後の西の空に見えるはずでした。
その頃天頂付近は冬の星座やそれらを構成する明るい星々で賑わっています。まず目につくのは冬を代表する星座の1つであるオリオン座、狩人オリオンの雄大な姿を表した星座です。中央の横に並んだ三つ星はオリオンの腰に締めたベルトにあたります。M42のオリオン大星雲、明るい星々等見あきる事はありません。オリオン座の三つ星を西にたどると見えてくるのは赤く輝くおうし座のアルデバランです。この星座には「すばる」つまりプレアデス星団があります。双眼鏡で見ると宝石をちりばめたようにきらきら輝いています。
星の数が多すぎて星座が解りずらいと言う声を耳にします。今までは星座早見盤と夜空を交互に見て目当ての星座を探していました。今はスマホやタブレットを頭上にかざすと向けた方向の星空を画面に表示でき、天体検索時には矢印でナビゲーションしてくれます。

オーナーの☆☆☆(三つ星)話 歴史的建物の泉園

ストレスのない笑顔でおもてなしホームページ
父母とこの商売を始めて約30年になります。初めての頃手伝ってくれていた妹たちも結婚し、甥・姪が6人、一番下の子も中学2年になりました。
お客様から誉め言葉(?)「変わらないねえ」とよく言われます。本当に変化があまりないのです。・・・・などと書き始めて特別書くことがないのに自分ながら驚いています。ということは普段の生活の満足度が高い証拠なのでしょう。ストレスがない生活(嫁がいないせい!?)も要因かも・・・。
仕事量もそれなりに増えてきましたが、飲食をなりわいとするこの商売、食べる事も飲む事も(お酒!)大好きな私には非常に向いているような気もしてきました。もともと料理は母の担当なのですが、最近味見をまかされてシチューに日本酒を入れたり、付け合せのカラシをワサビに変えたりと、かなり自由な発想でお客様にも喜んでもらえるようになりました。
3年程前からタバコをやめたのをきっかけに、東京まで年2、3回食べ歩きにでかけ食材の取り合わせ・味付・盛合等、様々な刺激を受けるのが、少しは役立っているのかもしれません。
これからの季節、商売的にはひまな時期となりますが冬が旬の漬物の仕込(野沢菜、べったら等)、年明けには味噌の仕込など、わが家の年中行事には、あまりオフがありません。

和風フレンチ 素透撫

清春白樺美術館隣にある「冬青庵」が、和風フランスレストラン「素透撫」としてオープン。世界的現代芸術家・杉本博司デザインの竹苞きの塀に。室内も洗練された家具類に囲まれ、梁をいかした無駄を排した空間です。「素材を透明になるまで撫でるように慈しむ」をテーマにし、地元農家との連携を強め、新鮮な地の恵みを活かした力強い料理を提供しお客様に感動を与えたいと、シェフ清水秀樹の弁。
電話番号:0551(45)7703「ホームページ

カフェ&ギャラリー 徳乃蔵

今年できたスペース&ギャラリー「徳乃蔵」は築300年の座敷蔵を利用しています。梁や土壁や扉は往年のままで、そのまま芸術作品。ギャラリーの隣りにはカフェも併設されていて、展示を見た後、香り高いコーヒーや紅茶も楽しめます。龍の絵も必見!小淵沢駅から徒歩5分と便利です。〔ホームページ
(カフェの写真は、ホームページから転載させて頂きました)

編集後記

アイソン彗星は残念なことになりました。でも今、八ヶ岳の空にはラブジョイ彗星が青く光り尾を引いています。
師走のあわただしい中ですが、明け方の空を仰ぎ、明るい未来が待っていることを祈りたいと思います。今月の中旬位まで見られるそうです。(波)

▲このページのトップへ
▲トップページへ戻る