No.64 2013 夏

この夏、あなたも山ガールズ・山ガールズ

高山植物の宝庫 入笠湿原
入笠湿原は六月のスズラン、レンゲツツジ、夏のサワギキョウ、ノハナショウブ、マツムシソウ、秋のエゾリンドウ、サワギキョウ等お花の宝庫として知られていますが、昨年から入笠湿原と大阿原湿原の間にある御所平もロープを張って歩く通路を造って素晴らしいお花畑になりました。
夏の終わりに行ったのですが、コオニユリやヤナギラン、マツムシソウ、ハクサンフウロ、キキョウ、アキノキリンソウ、ワレモコウ、チダケサシなど見事に咲いていて、それらの花々の織りなす花畑の向こうに雄大な八ヶ岳が望めました。またその花の間を色艶やかなクジャクチョウが沢山飛んでいる様も、とても素敵でした。
最近は連休や夏休みなどマイカー規制もありますので、その時はゴンドラで上がって湿原まで歩きますが、アカノラ山コースを歩くと、そこも「入笠すずらん山野草公園」になっていて、季節折々のお花が沢山咲いています。電車ご利用の方は駅から無料のシャトルバスも出ています。

八ヶ岳眺望も圧巻飯盛山

この夏山ボーイ・山ガールデビューを果たしたい方にお薦めの山の一つは飯盛山。小淵沢から車で40分ほどの獅子岩駐車場から登れば1時間ほどで山頂に着くことができる上、登山の雰囲気もバッチリ味わえるのです。
駐車場からの八ヶ岳の眺望も圧巻。少し急な坂をゆっくり登ってちょっと後を振り返れば、さっき見た八ヶ岳がまた違った表情で迫ってきます。途中、フウロソウ・ナデシコ・ホタルブクロ・ニッコウキスゲ等々夏の花々が迎えてくれます。そして何といっても頂上からの360度のパノラマ!山々を眺めながら食べるお弁当は格別です。家族連れにはもちろん、最近縁結びの山として独身の善男善女にも人気だそうです!?  
 

バスを利用したウォーキングコース

八ヶ岳リゾートバス
小淵沢駅とセラヴィリゾート泉郷を結ぶ「八ヶ岳高原リゾートバス」が小淵沢町内を走っています。駅から離れたペンションに近いバス停もありますので、今回はバスを利用した棒道散策コースを紹介します。
まず出発は棒道・火の見櫓跡。そこから甲斐小泉方面へと歩きます。唐松の緑や脇に佇む観音様を探しながら歩くと、やがて女取湧水からの流れが見え、しばらく歩くと棒道を抜けます。そこからは舗装された道を三分一湧水を目指し、そこで一休み。湧水館の下にバス停があります。まだ時間のある方は平山郁夫シルクロード美術館へ寄って、ここのバス停で乗車。「小淵沢駅行き」のバスに乗って、「絵本村」「牧場北通り」「小淵沢駅」などのバス停のうち、宿や目的地に近いところで下車すればOK♪

清里ピクニックバス
キラキラと新緑輝く初夏の朝、高原の駅からバスに乗る。いつも車ばかりでバス等は殆ど利用した事のない私にはとても新鮮に思える。車よりも少し高い目線で見る風景はいつもと少し違う。 程なくして東沢大橋のバス停に到着。ここから八ヶ岳牧場の中を歩く。緑いっぱいの牧草地には白い可愛らしい花をつけたヤマナシの木々、そしてその向こう側には雄大な八ヶ岳が見える。素晴らしい!1時間半程のウォーキングを楽しんでいるとまきば公園に到着。ここのバス停から再びバスに乗り八ヶ岳高原大橋からの眺めなどを楽しんでいると15分程で再び清里駅へ。清里ピクニックバスには清里駅を起点・終点とした3コースがあり、このようなバスとウォーキング、更には買い物や美術館巡り等を合わせたコースが幾つも考えられそうだ。車で無くてもこのような二次交通を利用する事で新たな観光の楽しみを見つける事が出来そうだ。

サントリー白州蒸留所  無料シャトルバス

11月までの土日祝日と7月20日〜9月1日は毎日運行。乗り場は小淵沢駅を出て右。駅発9時15分〜15時50分。無料のウイスキー蒸留所ツアーや南アルプス天然水ツアーが人気です。また自然溢れる敷地内にはバードサンクチュアリーもあり森の中をゆっくり散策すれば沢山の野鳥に出会えるかも!? 

八ヶ岳ジャズフェスティバル2013

八ヶ岳高原の夏の風物誌として定着したジャズ・フェスティヴァルも30年の歴史が有り甲府の老舗ジャズ喫茶「アローン」主人野口氏の情熱に支えられた野外フェスティヴァルです。出演者は日本ジャズ界を牽引してきた猛者揃いで、夏の暑さも吹き飛ばす勢いで熱い熱いステージが展開されます。
特に今回は歳若く、将来嘱望されている才能豊かな女性達の出演が、よりステージを盛り上げてくれます。井上ゆかり(ピアノ)市原ひかり(トランペット)纐纈歩美(アルトサックス)紗理(ヴォーカル)、そして沖縄出身のソウルフルヴォーカリスト安富祖貴子、と最強の女性達が繰り広げるステージは絶対に必見です。彼女達の演奏のレベルの高さに驚くと思います。今の日本ジャズ界の女性優位に成りつつ有る状況をこのフェスティヴァルを通して実感してください。私個人の一押しは安富祖貴子です。スケールが大きくジャズ本来のブルース感覚の濃い本格的歌姫です。
この風物誌の1回目から出演している向井滋春、川嶋哲郎、大坂昌彦、大隅寿男、クリヤマコトなど第一級のプレイヤーの演奏も文句なく楽しめます。八ヶ岳高原に吹く風に乗せて身も心も開放して人間の魂に最も近い音楽を楽しむべし。
開催:8月11日(日)場所:ウエルネスガーデン(アルソア野外劇場)
www.yatsujazz.com/にて参照 

夏の祭典 八ヶ岳ホースショー

小淵沢毎年恒例のお祭り、「八ヶ岳ホースショー IN小淵沢」。今年は7月27日(土)に開催されます。馬の町小淵沢ならではの、全国でも珍しい馬のお祭りです。
障害馬術コンテストやキャラクターショー・サイン会、イベント広場ではひき馬や竹馬競争、蹄鉄投げが行われる予定です。そして辺りが薄暗くなってきた頃、いよいよ「ホースショー」の始まりです。馬や騎手達が見せる驚くまでに息の合ったミュージックライディングや火の輪くぐりのショーは見る者を圧巻。この人馬一体となった素晴らしい演技をお見せ出来るのも馬の町小淵沢ならではの事でしょう。そして締めくくりは迫力満点の花火大会。体中で大気の振動を感じて、大きく開く夜の花をお楽しみ下さい。地元のお店の出店も多い沢山の屋台も賑やかにお祭りを盛り立てます。是非お祭り気分を味わいにいらして下さい。

カヌーピクニック

今回は第八回目を記念して、八ヶ岳を目の前に臨むサンメドウズ清里スキー場「美し池」で開催します。
8月3〜18日の16日間、各日6回開催。9時半スタート15時受付終了(5〜9日は13時受付終了、18日は午前中で終了)
おそらく現在カヤックに乗ることができる日本一高い標高でしょう。「日本一空に近い場所でカヤックを漕ぐ」なんだか面白いでしょ? 

杉山 亮 夏の物語ライヴ

8月中の水曜日を除く毎日、児童書作家の杉山亮が小淵沢の自宅書斎で毎日1時からと2時半からの2回、楽しいものがたりを語ります。1回40分。土曜と日曜の夜は8時からおばけ話の会もあります。小学生以上一人500円。
0551(36)5566 

オーナーの☆☆☆(三ツ星)話

ペンションオーナーが綴る、ミシュランガイドに載せたい「素敵な(オイシイ?)」話をどうぞ!
人生楽し!いざホノルルマラソンへ  B&B 碧い空
私の1年はホノルルマラソン(以下HM)を中心に回っています。毎年、HMは12月第2日曜に開催ですが、1月にはその年のHMのための飛行機と宿の予約・購入します。また、参加に向けて閑散期は走り込みをし、繁忙期はトレーニングだと言い聞かせ仕事に頑張っています。1年の自分へのご褒美でもあります。
40代後半、中学で中距離選手、高校・大学で山岳部と体力自慢だった私も、貯金は脈拍40台のスポーツ心臓だけの状態になり、登山で後輩に遅れをとりだし、危機感からスポーツクラブでランニングを始めました。ただ次第にジムで走るモチベーションが低下した50歳の時、息子に誘われ、初めてフルマラソン=HMを体験しました。以降10年連続参加しています。
開業前はジムで室内をただ黙々と走るだけでしたが、今は八ヶ岳南麓に自分で設定した3〜21キロコースを走っています。中でもお気に入りはB&Bから甲斐大泉駅を往復する泉ライン16キロです。信号ゼロ、交通量も少なく、しかも木々が夏は木陰を作り、冬は木漏れ日で絶好のコースです。時々飽きると周辺の山にトレイルランに出かけたりもしています。今の目標は、ここ2、3年落ち込んできた完走タイムをV字回復させることと、現在2歳の孫娘が大きくなったらHMを一緒に走ることです。その時はまた初めて妻とも伴走し、一緒にゴールしたいと思っています。

編集後記

梅雨入りが宣言されてから随分とお天気の良い日が続きます。そうなると予定とは違って野良仕事が自然と多くなるこの頃、気がつけば庭にいる事が多くなります。汗ばむ身体に高原の風がとても気持ち良く感じます。大変ですがとても良い時間です。(菊)

▲ページトップへ
▲▲ホームページへ