No.77 2016 秋
印刷用:風のたより A3版 A4版

新しいお店が続々開店♪

このところ八ヶ岳南麓には、美味しいお店が次々に開店しています。小淵沢周辺だけでも、取材が間に合わない位です。そうは言っても食いしん坊揃いのペンションオーナー、早速手分けして行ってきました。アジア屋台ごはん・イタリアン・創作日替わりランチ・本格カレー等々、それぞれ個性あふれるお店です。地元の若者が海外や都会で修行、帰ってきて始めたところもあります。ぜひお気に入りのお店を見つけて充実のランチ(またはディナー)タイムを! 
五五吉(ごごきち)
「アジア屋台ごはん」のお店が小淵沢の馬術競技場近くにできたのはつい最近。「美味しい!」という評判を聞いて行ってみました。中に入ればそこはアジア!まずはシンハービル!おつまみに頼んだタイ風えびせんは軽くてサクサク行けます!メインは「カオマンガイ」(蒸し鶏がごはんの上にのっています)「パッタイ」タイ風焼きそば。麺がもちもちして美味しい!サラダ・スープはお代わり自由です。フォーもおいしそうでした。
定休日:火曜のランチと木曜  0551(45)8365
 
CAFE GOYA NOHARA
隣町の長坂町に入って直ぐの所にある「CAFE GOYA NOHARA」。お店の名前からもイメージが湧く通り野原でのんびりゆっくりとした時間を過ごせる様なお店です。目の前には棚田が広がりお店裏には湧水からの小川が流れています。店内は白を基調とした作りでどことなくほっとする空間。地元産の食材を使用した創作料理の日替わりランチセットがおすすめ!!
定休日:日曜・月曜休 0551(32)2050
 
サーカス(&CAFE・LEN)
小淵沢にできたカレー専門店。場所はおしゃれなカフェ・レンさんを平日間借りしての営業とのこと。
9月からは火、水、木の営業です。
その日によって南インドのカレーだったり、北インドのカレーだったりで、いつも3種類のカレーがメニューにのっています。そのうち1種盛りなら1000円、2種盛りなら1200円です。ワンプレートにごはんとカレー、野菜のおかずとパパドが付いて来ます。時にはタイ料理の時もあるそうです。カフェ・レンさんは土・日営業。
080(8813)5686
 
クイ クッチーナ イタリアーナ
イタリア各地で修行を積んで、ふるさと八ヶ岳に帰ってきたお店です。 嬉しいサービスは、2人で違うパスタを注文すれば、それぞれを半量ずつ、2度に分けて出していただけます。シェアして、自分たちで分け合うと見た目も綺麗じゃなくなるし、分けている間にも味が変わってしまうので、これは本当に嬉しいです。きっと作っているシェフ自身がそうなる事がいやなのだと思います。このこだわりが素敵だな。ただし予約が中々取れません。でもチャレンジしてみて下さい。
 0551(45)6198 定休日: 木曜日と第一金曜日  

オーナーの跳んでるおとぎ話

わたしたちの秋のおすすめ!
今年の9月は台風の当たり年!?晴天の日が多い八ヶ岳では珍しく雨やくもりの日が続きました。やっと待望の秋本番!! お祭り・紅葉狩り・アート・秋の味覚♪ 八ヶ岳の秋は楽しみがいっぱい。
紅葉ドライブ  ★コテージ泉園

小淵沢→須玉町江草(レインボーライン)→増冨温泉→瑞牆ヒュッテ→黒森→川上(信州峠)→野辺山→清里→まきば公園→天女山入口→甲斐大泉駅(いずみライン)→甲斐小泉駅→小淵沢の紅葉ドライブ。所要時間、約2時間30分+休憩時間。
 
アトリエ ラ・ルシェ  ★月下草舎

先日、新聞に長坂町にある清春白樺美術館の主で吉井画廊オーナーの死亡記事が載っていました。そこの庭に大きな八角形のモニメント風の「La Ruche」と言う建物があります。元は1900年パリ万国博覧会のワインパビリオンとしてモンパルナスに建てられました。その後、若き芸術家の為にアトリエとして開放され、モジリアニ、ザッキン、シャガール、アポリネール等、ここから多くの傑作が生まれた歴史的遺産を再現された故吉井長三氏に合掌。本物は現在も若き芸術家の磁場となっています。
 
バンジョー演奏会 ★わっ!!

世界のトップバンジョープレーヤー、チャーリー田川氏(米国在住)が山梨県で演奏します!
場所・長坂コミュニティホール 日時・11月5日( )12時30分
入場料・大人 1500円     中高生 500円
多くの方の御来場をお待ちしております。
 
秋の山並み ★フィールド

秋になると毎週の様に各所でイベントやお祭りが開催され他にも紅葉スポットやレジャー施設などおすすめは盛り沢山ですね。そんな中ちょっと出歩いただけでも夏とは一味違った秋の山並みや朝日・夕日を浴びて赤く照らし出された山風景などお天気・時間帯などによって様々な顔を見せてくれます。これからの季節はふらっとしたところで見られる自然景観や満天の星空など楽しみなことがいっぱいですよ〜!
 
フルーツティー ★シェムニ

味覚の秋、お勧めは新鮮な果物をふんだんに使って作るフルーツティー。地元産の巨峰やピオーネ、洋梨やりんごなどを直接農園さんから買って来て、大きめのティーポットにこれでもか!というくらいに突っ込んで紅茶にする贅沢!この時期だけの楽しみです♪普通に食べる用の物を買うと少々お高いのでジャムなどにする為の加工用の物を買って来て試してみて下さいね。
 
紅葉乗馬&ウォーク ★風路

小淵沢には紅葉の美しい通りがいくつもあります。県営馬術競技場脇の道もその一つ。そこで乗馬の方にもよく会います。紅葉した樹々の下を馬で通るのはとても気分がいいだ
ろうな〜と思います。棒道のカラマツの黄葉も見事です。秋も深まった頃、日の光を浴びてキラキラ舞い落ちる葉は金の針のようです。
 
新そば・きのこ「山の幸」 ★ボタンダウン

原村にある手打ちそばと和食処の「山の幸」は季節の味覚がいっぱいです。手打ちそばは、地元で栽培された粉を100%使用。おすすめメニューは、手打ちそば・炊き込みご飯・天ぷら・2種類の山菜小鉢・ゴマ豆腐・味噌汁がセットになった「山の幸定食」です。リーズナブルな料金がうれしいです。きのこ料理もおすすめです。
 
日向山ハイキング ★あるびおん

登山口から唐松林の中の道をゆっくりと、それほど危険のない道を2時間も歩けば日向山山頂。登山道からぱっと開けた山頂は別世界。 真っ白でもろい花崗岩が砂地のように広がりあちらにもこちらにも削れた岩が、白いオブジェのようにそそり立っています。眼下には八ヶ岳から南麓が広がり、小淵沢や白州の町が見渡せます。後ろに迫るように甲斐駒ヶ岳が聳えています。登山道からは想像出来ない景色が待っています。 真っ白な花崗岩と紅葉のコントラストがとても綺麗です。 

馬のまち祭り

9月22日(木)秋分の日に、町内にある県立馬術競技場にてこぶちさわ馬のまち祭り〜馬とふれあう観光ウォーク〜が開催されました。乗馬クラブに立ち寄るウォークイベントは今回で3回目ですが、メイン会場でのこぶちさわ馬のまち祭りは今回初開催です。ミニホースショー・引き馬体験・ふれあい動物広場・蹄鉄投げ・カントリーライブ&ダンス・軽トラフリーマーケット・飲食物販ブース・馬のまち全員クイズなど盛りだくさんの内容でした。
フェイスブック

がんばれ ROCK!

清里・萌木の村にあるレストラン・ロックが8月8日の未明に火事になり、なんと全焼!ロックの地ビールとカレーは熱烈なファンがたくさん。清泉寮と並び、清里観光に欠かせないと思って下さる方も多いと思います。それだけに、お客様も地元の私たちも大ショック。しかしすぐにロックから「必ず再建・再開します!」とのメッセージがあり、地元有志が義援金募集の声を上げ、多くの人がロック再建を応援しています。ロックは以前の建物の前の広場にテントを設営、そこでビールやカレー・ソーセージ等を販売しています。他の施設は今まで通り。ぜひ、萌木の村を訪れて、美味しく飲んで食べて応援をお願いします!

驚きの50℃洗い!

50℃洗いを耳にして久しいですが、いざ、実行しているひとは意外と少ないもの。わが家では数年前より、サラダは必ず50℃洗いしてから冷やしてお出ししています。シャキシャキになるだけでなく、雑菌も良く落とせると聞いてさっそく実行しはじめました。他にも50℃洗いが有効なものが沢山あるようですが、中々実行できずでしたが、最近になり色々試して見ると、これがまーな
んと便利で凄い効果。その幾つかをご紹介しますね。
バナナは冷蔵庫に入れると黒くなってしまうし、冷凍すると食べなくなるし、でも夏の室温に置いたバナナは生暖かくて食べる気もしない。
そこでバナナの50℃洗い。皮ごとのバナナを50℃のお湯に5分間浸けて、取り出したら室温で冷まし、ラップで包んで冷蔵保存すると甘くなり、皮も黒くならず。実がしっかり
したまま5日間はもちました。またお花を生けるときも、花瓶に60℃位のお湯をいれて、そこへ直接お花を生けると丁度50℃位になります。真夏のお庭で切ったお花の水揚げ効果もバッチリ! トマトも50℃のお湯に4分浸けて室温で冷まし、冷蔵庫へ。硬いままのトマトがしばらく楽しめます。でも実は美味しくなります。だから未熟なトマトは少し長めにすると良いかもしれません。
50℃洗いの注意点は温度です。なれると手が覚えてくれます。興味が持てたらネットで調べると詳しく出ていますよ。

郁夫のシネマコラム

紹介する作品はポーランド映画「イーダ」。監督パヴェウ・パビリコフスキ。ポーランド新世代の監督で、東京の小さなシネマ館で上映され、見損なった作品でした。ところがペンション仲間の「風路」さんが密かに通っている塩尻市にある名画座「東座」を紹介され、なんと、そこで上演中で有ることを知りビックリ。こんなに地味な、しかし味わい深い作品を地方の小さな町の映画館で見る事が出来る事は奇跡に近い。いや、「東座」の存在自体稀なる存在であります。
映画内容ですが、孤児として修道院で育てられた少女アンナは、院長から叔母の存在、そして「あなたの名前はイーダ・レベンシュタイ、ユダヤ人よ」と知らされ、アイデンテイティ巡りの旅路を通して成長していく姿をモノクロのスタンダートサイズの映像美でもって表現され、静謐に支配された傑作です。私にとって嬉しい事にアンナにジャズサックス演奏者の恋人が出来、ライヴハウスの場面で彼の演奏した曲が、なんとジョン・コルトレーンの名曲「ネイマ」。話は飛びますがポーランド映画はモダンジャズを取り入れた映画は多いです。アンジェイ・ワイダの「夜の終りに」、ロマン・ポランスキー「水の中のナイフ」イエジー・カヴァレロヴィッチ「夜行列車」、そして、ワイダー監督「灰とダイヤモンド」で鮮烈で無残な青年を演じたズビグニェフ・ツィブルスキが脚本・主演した「さよなら、また明日」。これらに曲を提供しているのが伝説のピアニスト・作曲家クシシュトス・コメダであります。いずれにしても純粋無垢な魂を通してポーランド戦後史と精神のあり方を追求した詩情溢れる傑作であります。このいぶし銀の作品を上映した名画座「東座」の勇断に乾杯!

ペットと泊まれるペンション 時計館

ホームページ
このたび小淵沢ぺンション振興会に加入させていただきました「P・時計館」です。小淵沢の外れ長坂町、中丸というところにあります。小淵沢駅から約6キロ、大分離れてはいますが付近は田んぼや林の里山です。ワンコのお散歩に良いコースが沢山ございます。富士山、甲斐駒ケ岳、金峰山、八ヶ岳が一望できるロケーションです。晴れていればお山を見ながらのワンコとのお散歩は期待を裏切らないと思います。町外れなので目立った観光施設はありません。白樺派の美術館「清春白樺美術館」、ゴルフ場「北の杜CC」と言ったところでしょうか。つい最近までは過疎地と言ってもよかったくらいです。蕎麦通の蕎麦どころ「翁」は徒歩5分。3年ほど前に美術館のそばに和風フレンチレストラン「素透撫」がオープンしました。地元の材料を使ったシェフの料理は評判です。最近オープンしたイタリアレストラン「八ヶ岳の風」も美味しい。
小淵沢から離れてはいますが「風のたより」でこの地の情報をできるだけ伝えられればと思っています。
最後に。「時計館」なぜ?と聞かれます。前職はサラリーマンで時計の設計をしていたからです。ワンコも好きですが時計も大好きです。七十半ばのじいさまです。

秋のお祭りいろいろ

●台ケ原宿市

古いものと新しいものが融合する3日間 骨董市×クラフト市 
北杜市白州町台ケ原 10月21日(金)・22日(土)・23日(日)

●カンティフェア収穫感謝祭
リンク】10月15日(土)・16日(日) 清里清泉寮前広場

●八ヶ岳まるごと収穫祭
リンク】10月22日(土)・23日(日) 八ヶ岳農業実践大学校

●私のカントリーフェスタIN清里
リンク】10月22日(土)23日(日) 萌木の村広場

月下草舎ライブ
ホームページ
バロック・コンサート『デュオ・リュタン』 朝倉未来良(フラウト・トラベルソ) 木村夫美(チェンバロ)
10月23日(日)14時。2500円。

おつきゆきえさん もみじのライブINこぶちさわ

たいへん申し訳ありませんが都合により中止とさせていただきます。
10月30日(日)
●おとなのための絵本の会 P・風路【ホームページ】 10時30分  ●宮沢賢治朗読会 14時 たんぽぽ
 料金 各回 1500円

▲このページのトップへ
▲▲ホームページへ