No.78 2016 冬
印刷用:風のたより A3版 A4版

ゲレンデに飛びだそう! ☆☆☆輝く雪と氷の世界☆☆☆

小淵沢周辺にはいくつものスキー場があります。それぞれ特徴を出していますので、自分にあったお気に入りのスキー場を見つけて下さいね。
富士見パノラマリゾート
WebSite
近隣スキー場唯一のゴンドラに乗って一気に山頂へ。全長3qのロングコースは滑りごたえあり!
全コーススノーボードOK! キッズパークも充実。ゲレンデ途中に大きなハートマークが・・・恋人の聖地としても人気です♪
12月10日(土)〜4月9日(日)
諏訪郡富士見町富士見666‐703
TEL 0266-62-5666  FAX 0266-62-6600

富士見高原スキー場
WebSite
初心者・中級者 ファミリーにおすすめ。日中はスノーボード禁止。横幅100m平均斜度8度のロマンスゲレンデはスキーデビューや小さなお子様でも安心。ソリゲレンデ&でっかいアニマル遊園地も人気です。12月10日(土)〜4月2日(日)
諏訪郡富士見町境12067
TEL0266-66-2932

サンメドウズ清里
WebSite
標高1900mの青空ゲレンデ。最新スノーマシンと最高の圧雪チームによる高品質なゲレンデコンディション全期間スノーボードOK!
ファンタジーパークにはジャンプ台やウェーブ・スラロームなどお子様が楽しめるコースあり。
12月10日(土)〜4月9日(日)
北杜市大泉町西井出8240‐1
TEL0551-48-4111  FAX0551-48-4664

シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳
WebSite
名前からも分かる通りお菓子屋さんシャトレーゼのケーキや焼きたてパンも食べれる美味しいスキー場。子供でも迷子にならないコース設定と充実のキッズ施設でキッズ&ファミリーにおすすめ!
小海リエックスも共通リフト券でご利用出来ます。
12月15日(木)〜3月26日(日)
南佐久郡川上村御所平1841 
TEL0267-91-1001  FAX0267-98-3699

小海リエックス・スキーバレー
WebSite
全長2・.5qのロングコースと多彩なアトラクション。本格スキーヤー&スノーボーダーのコアなお客様にも楽しんで頂けるモーグルコース・ポールバーンあり。またコブレッスンやレーシングスクールも開催。 6時30分からの早朝営業も魅力的。
12月8日(木)〜4月2日(日)
南佐久郡小海町豊里5907 
TEL0267-93-2537  FAX0267-93-2239

☆スケートもお薦め!

山梨県立八ヶ岳スケートセンター
WebSite
中央道小淵沢インターより車で5分。八ヶ岳リゾートアウトレット横。1周400m幅13mの野外リンク。 八ヶ岳の澄んだ青空の下で滑るスケートは最高に気持ちがいいですよ!
なんと毎週土曜日は高校生以下の利用料が無料!日曜日の午後2時には無料ショートレッスンも開催。
パンフレット持参で貸靴半額、隣接の八ヶ岳リゾートアウトレットの当日レシートや提携ペンション取り扱いの貸靴割引券でも半額に!
11月20日(日)〜2月12日(日)
北杜市小淵沢町上の原3989‐1
TEL 0551-36-4796 FAX 0551-36-4798

八ヶ岳フォトフェスタ

とっておきの1枚にことばをそえて・・

 私も応募してみました。なんと入賞! 風路・和子
今年八ヶ岳南麓で初めて開催された「八ヶ岳フォトフェスタ」。八ヶ岳を愛する人々が発起人となった手作りのイベントです。5月から始まり、子どもたちや親子対象のワークショップ、8月2日(やつの日!)に撮った写真を投稿、など、どれも好評でした。そして8月10日から9月30日までの間に、「自分のとっておきの八ヶ岳の写真を投稿してください」との呼びかけ。古い写真でも、八ヶ岳が主役でなくても、ただ必ずその写真にまつわるストーリーを添えるというのが条件でした。応募はインターネットを使用するのと、プリントで印刷するのと両方どちらでも良いとのことでした。初めての開催でどのくらいの応募があるのだろう?と思いましたが、なんと選ぶのに苦労するくらいだったそうです。
入賞作品は八ヶ岳ロイヤルホテルに10日間ほど展示されました。そして
その第一日目には表彰式もありました。入賞された作品はみなさん素晴らしいものばかりで、ちょっと恥ずかしかったですが、とてもうれしかったです。賞品も豪華!真澄のお酒、武川米5キロ・ロイヤルホテル宿泊券・八ヶ岳倶楽部のフルーツティーセット・・・等々。来年も開催するそうですから、ぜひ応募してみてはいかがでしょう?
ちなみに私の作品の題は「私たち八ヶ岳歩こう会です」です。きっとモデルが良かったのだと思います!

オーナーの跳んでるおとぎ話

最近足腰が・・・などと、病気の話題が多くなり、「体にいいこと何かやってる?」の情報交換も熱を帯びてきます!?そこで今回のテーマはビョーキ又は健康法。この冬、体にいいことしなくては!?
二度よみがえった男

★風路WebSite
病気がテーマと言えば、私の出番!? くも膜下出血で2度倒れ、不死鳥のように(?)よみがえったという話を書くしかありません!?
そのリハビリはなんと言ってもカラオケです!歌や踊りはリハビリにとてもいいのだそうです。だからみなさん、私とカラオケに行ったときには、マイクを握って離さなくても温かい目で見てくださいね。またウォーキングもとても良いそうです。「またウロウロしている」と言われることがありますが、それもリハビリなのです!(周)

スポーツも無理せず!

★フィールドWebSite
以前「風のたより」で八ヶ岳トレイルランニング(山岳コース23q)
に出場したことを紹介させて頂いたのを覚えていますでしょうか?実はその大会でちょっと無理をしてしまったのです。スタートしてずっと上って走ります。折り返し地点になるとそこから一気に下っていきます。そこで事件は起こったのです!下りはじめて暫くはシングルトラック(一本道)になっており追い抜くことが出来ないのです・・・。そうです私の後ろから早いランナーが迫って来たのです。すると後ろから「いいね〜そのペース、いい走りだよ〜!」なんて声をかけてきたのです。そうなるとペースは落とせないし横に避けることも出来ないですよね。結果自分の体力・能力以上のペースだったため膝に負担が・・・。
それ以来長い距離を走ろうとすると膝に痛みが出るようになってしまいました。お医者さんにも行ったのですがビギナーが陥る典型的な「ランナー膝」とのこと。どんなスポーツでもしっかりとトレーニングをして自分に見合ったことをしましょうね。ストレッチやマッサージ、運動前後には身体のケアもしっかりと行いましょう。せっかくの楽しいスポーツ・運動も怪我をしては元も子もありませんからね。

各ペンション

★月下草舎WebSite
強いて病気を作るならメタボリック体形である。町の検査でもっと運動して脂肪を燃やせとの指導。余計なお世話である。実を言いますと私は幼児喘息がひどく、高校までほとんと学校に行けませんでした。医者の処方箋は体力を付けて、少しは太りなさいと。従って、病気ではなく体質の問題であります。
以後、これまで病気をした事がないのが病気です。訳のわからない事言っています?

★コテージ泉園WebSite
今から20年程前、1日12時間、週に5日、パチンコ屋に「出勤」していた時期がありました。当時はアルバイト感覚でしたが、約3年の間中毒だったような気がします。

★あるびおんWebSite
食べること大好きな私は、健康法も食べること。ここ数年続いているのは、発酵食品を毎日少しずつ食べること。塩麹、醤油麹に青唐辛子を入れて発酵させた三升漬け、自家製のヨーグルトや漬け物、味噌に加え酒粕などなど。とにか毎朝快腸にお目覚めです。 最近はじめたのは、糖質制限とお散歩。糖質を押さえて、食後の血糖値を上げないと、血糖値が下がる時に感じる空腹感がなくなり、今まで食後1、2時間でもう次の食事のこと考えていたのが無くなり、腹持ちが良く感じます。いかに糖質少なく美味しいお料理を作るか考えるのも楽しいこの頃です。

★時計館WebSite
「年配の方々、足の骨折は万病のもとですぞ」二年前、70歳になったとたんに小石につまずき大腿骨の複雑骨折。市の病院では手術が難しく甲府の病院まで救急車。この時の情けない気持ちは今でも思い出す。手術がうまくゆかねば車椅子になる可能性もあるとの通告。幸いうまくゆき車椅子は免れました。リハビリに懸命に励み何とか杖なしでもほどほどには歩けるようになりました。しかし大腿骨にはまだ金属が。自由に歩けなくなると体調はすぐに不調になります。歩くということが健康のみなもとと実体験しました。若いころの体力を思い浮かべまだ若いという過信は禁物。私も骨折の数日前にはテニスを元気にしていました。歩けなくなると体力は急激に衰えますぞ。

★シェムニWebSite
私のビョーキは「心配性」。何かと 気になってしまっていつもいつも気をモミモミ・・・。殆どの事がとり越し苦労、心配したからと言って何か大きなトラブルを回避出来たりした事があるのかどうか聴かれれば多分否。でも私が心配しているおかげで一緒に生活している家族達は比較的のほほんと(特にかみさんは(笑))過ごしていられるのではないかと思うくらいは許されるであろう。そんなに心配ばかりしていて本当に病気にならないように心配しなくては!?

キャンドルナイト in こぶちさわ

12月20日(火) 於:月下草舎
環境のことを考えるきっかけになれたら・・・と始めたキャンドルナイト。今年も小淵沢ペンション振興会主催で冬至の前日の12月20日(火)に開催します。
今年は料理自慢のペンション特製のディナー付き(要予約)です!ポークソテー乗せキーマカレーの予定。もちろん各ペンション手作りのケーキも数種。どれにしようか迷う位と思います!
プログラムは、恒例地元の民謡会や、子供たちのピアノやドラム演奏など、この1年の成長を見るのも楽しみです。
今回初めて「手話で絵本を読む」という演目もあります。地元の手話クラブの方たちが出演してくれます。簡単手話講座もあるとか?
http://p-kobuchisawa.com/news/2010/22.jpg■開演 午後7時(ディナーは6時15分〜7時)
■入場料  1000円(ケーキ&お茶付)
■ディナー 1000円(要予約)
■アルコール等もあります(料金別途)
■主催:小淵沢ペンション振興会「連絡フォーム
■問合せ:P・フィールド 0551-36-5341
     P・月下草舎  0551-36-4801

パン工房レストラン

megane(めがね)

「パン屋さん」と聞いていたので、ランチは軽食というイメージだったのですが、見事に裏切られました!
しっかりとした料理は、ディナーと言ってもいいくらいでした。この日の前菜はマグロと野菜のタルタルまたはゴボウのポタージュ。メインはローストビーフ又は(そのお肉の残りで作った?)ハンバーグ又はお魚。付け合わせの野菜もおいしかったです。プラス300円でデザート。それも美味♪
建物がとても素敵です。なんと21年もかけてコツコツ手作りしたのだとか。大きな窓から見える八ヶ岳が料理をさらにおいしくしてくれます。
特に金・土・日は予約したほうが安心です。
住所:山梨県北杜市高根町清里3545-5553
TEL&FAX:0551-45-9565 「WebSite

郁夫のシネマコラム

「かくも長き不在」

アンリ・コルピ監督、マルグリット・デュラス、ジェラール・ジャルロ脚本。主演:アリダ・バリ、ジョルジュ・ウイルソン。一九六四年公開。悲惨な戦争の喪失感、失った希望を、アラン・ロブグリエ、フリップ・ソレルス、ナタリ・サロート等のヌーボー・ロマン文学運動の一角をなした作家デュラスがAbsence(不在)意味を問う作品です。この映画の重要なシーンは二か所有ります。「古い教会のカフェ」を営む女、アリダ・バリ演ずるテレーズが16年前、ゲシュタボに連れられた夫アルベールがセーヌ川河岸の小屋に住む浮浪者ではないかと確信し、彼女のカフェに食事に誘い、ダンスをするシーン。夫が好きだったブルーチーズとシャンペンを食し、コラ・ボケールが歌う「三つ小さな音符」をバックに踊り、さりげなく夫であろうアルベールの頭を触ると深い傷が有る事に気づき、帰る際アルベールと呼びかけるが反応しない事で全ての記憶を失っている事を知る場面です。因みに私、シャンソンも大好き人間です。コラ・ボケールは「枯葉」「さくらんぼの実る頃」で有名でサンジェルマン・デプレの白い貴婦との異名を持っています。そしてもう一つの場面は、テレーズの想いを知るカフェの常連達、警察官などが夜の町を彷徨うアルベールの記憶を蘇らすべく、アルベールと口々に連呼し、その呼びかけに驚き、車のヘッドライトが両手を静かに上げた男の後ろ姿のシルエットを映し出す場面。そして車に轢かれてしまいますが、この場面は今でも鮮烈に思い浮かびます。そして警官がテレーズに「彼はまた出かけた」と、それに対してテレーズは「寒くなったら戻ってくるかもしれないわ。冬を待つわ」とつぶやきます。静かな語り口のなかで戦争の記憶、喪失感をモノクロ画面を通して訴えるアンリ・コルピのいぶし銀の手腕は深い感動を与えます。また、デュラスには「広島モナムール」日本題「二十四時間の情事」(巨匠アラン・レネ監督)の被爆した日本人とフランス女性の愛を通して戦争の後遺症の問題を映画化した名作品があります。

七賢蔵開き

冬の楽しみ「七賢蔵開き」が2017年の3月に開催されます。
確実な日程は12月中旬に発表されるとのことですが、3月の上旬か中旬の土曜日から次の日曜日までの9日間行われます。例年、できたばかりの新酒をはじめ、いくつもの種類のお酒の試飲が人気です。特設テント内では、食事もでき、甘酒のサービスもあります。地元の作家さんたちのクラフト展もあるので、お酒が飲めない人も楽しめます。
山梨銘醸「WebSite」TEL0551-35-2236

うさとの会

タイ・ラオスの女性たちによって織られた天然素材の洋服がメインの展示即売会。
場所 コテージ泉園「WebSite
日にち 3月24日・25日・26日の3日間。

編集後記

11月の24日に雪が降りました。なんと小淵沢では20センチも積り、スタッドレスタイヤに変えていなかったので、焦りました。昨年は雪が少なかったので、今年はその分も降るのかな?うれしいようなコワいような・・・(風)

▲このページのトップへ
▲トップページへ