No.88  2019 秋冬号
印刷用:A3版 A4版

小淵沢馬のまち祭り

小淵沢で一番のお祭りと言えば、夏のホースショーですが、この「馬のまち祭り」も、それに並ぶお祭りとして育ってきています!
紅葉もまだ最期の煌めきを留め、会場の馬術競技場内外は、頭上だけでなく足元も紅葉のじゅうたんとなっていることでしょう。秋晴れの天気に恵まれれば、南アルプスの峰々もくっきりとその姿を見せてくれると思います。
こぶちさわ馬のまち祭りは「場内イベント」「フリーマーケット」「棒道を歩くウォーキング」のイベントです。メイン会場では引馬・ミニホースショー・お楽しみチャレンジゲームなど開催予定。また美味しい飲食店・雑貨屋など沢山のお店も出店予定です。ウォーキングコースは10k・9k・7kの3コースを設定、初心者やファミリーも楽しめます。「馬のまち小淵沢」ならではのお祭りです。是非優しいお馬さん達にふれあいに来てくださいね
開催日:2019年11月17日(日)
場所:山梨県馬術競技場 
主催:こぶちさわ馬のまち祭り実行委員会・北杜市観光協会
お問い合わせ:小淵沢駅観光案内所0551(30)7866 

道の駅こぶちさわリニューアル

冬の間工事中だった「道の駅こぶちさわ」が新しくなりました。初めて店内に入ったときの感想は、「広くなったな~!」でした。特に地元産の野菜が充実!種類も豊富です。もちろんそれを活かしたジャムやドレッシングなどの加工品も充実。お土産品も数多く、迷ってしまうくらいです。
ヴィーガン対応のパン屋さん「桑の実」や、そば打ち体験もできる「延命蕎麦」は、そのまま。
そして新たにオープンしたのが「ロトンド小淵沢」。本場・イタリアで修業し、広尾でお店を構えるシェフがチームを組むイタリアンレストラン。地元の野菜を活かした料理とのこと、楽しみです。

オーナーの跳んでるおとぎ話

夏らしくない7月、猛暑、台風と今年の夏はどうなっているのかな?と思うことが多かったような気がします。それでも秋になればまた楽しみがたくさん!おいしいものがまわりにありすぎて困ります!?各オーナーの秋の一押しの味覚は?
キノコ狩り

★わっ!!WebSite
秋は食欲の秋 おいしいものがたくさんありますが年令とともに、胃も小さくなり思ったほど食べられないのが残念。囲りからは普通だと笑われていますが。毎年グループでキノコ狩りにみえて、夕方にはそれぞれのかごに、こんなに何処にあったの?という位採って来られて、翌日持ち帰り皆さん集まって楽しく召しあがるそうです。

秋刀魚とスダチ

★風路WebSite
秋の味覚といえば、秋刀魚です。ジュウジュウしたたり落ちる油、煙にむせながら焼きあがった秋刀魚を腸ごとたっぷりの大根おろしで頂く、想像しただけで唾液が口の中いっぱいにひろがります。
徳島から来てくださったお客様が、毎年秋に送ってくださるスダチ! これをジュウジュウ焼けた秋刀魚に絞りかける!!秋刀魚の香ばしい香りとスダチの爽やかな香りがたまりません!
今年はこの秋刀魚が不漁とのこと。心配です。
洋梨
 風路(和)
子供の頃、母の親戚から秋になると送られてくる洋梨がとても楽しみでした。洋梨は食べごろが難しい。ちょうどいいときに食べると甘くみずみずしくトロリとした食感が、ケーキのように(より?)おいしい。「まだまだ」と言われながら待ち続けたことがなつかしい。つい数年前まで送ってもらっていましたが、後継者がいないとのことで、農園を閉じられたそうです。今は八ヶ岳の岩原農園さんから時々買っています。やはりお店のご主人から食べ時をキビシク?言われています。

米の食べ比べ

★月下草舎WebSite
夏の疲労も取れて、味覚の感覚も回復してきている様です。今はお米が美味しく感じる様になりました。先日、米好きのお客様4人と米の食べ比べをしました。武川産、白州産、小淵沢産、そして魚沼産、全てコシ
ヒカリに統一し、銘柄は伏せて、茶碗に暖かい米、おにぎりは常温に、おかずは無し、米のみで勝負。1位白州米、2位小淵沢米、3位武川米、4位魚沼米。結果は別にして、米は本当に旨い。ばか旨! 旨い米が有れば女は要らない! 嘘です。でも100年は生きられる。

ガーデンバーベキュー

★フィールドWebSite
フィールドのガーデンバーベキューですが夏もいいのですが秋もオススメなんです。日が沈む少し早めの時間からスタートするのですが夏と違って少しヒヤッとした空気感の中で真っ赤な炭火にあたりながら食べるバーベキューは格段に美味しいですよ!お食事が終わった頃には辺りは暗くなり満天の星空が現れてきます
秋のガーデンバーベキューを是非!
栗きんとん

★ボタンダウンWebSite
ボタンダウンの「秋の味覚」と言えば「栗きんとん」です。岐阜中津川の川上屋の「栗きんとん」の購入を兼ねて木曽路の紅葉を見に行くのが行事になっています。

釣りたての鮭と生筋子

★あるびおんWebSite
山に住みながら、釣りが趣味の札幌に住む義兄から、秋になると送ってくるのが釣りたての鮭と生筋子。何回も釣りに行くので連れるたびに数尾送ってきます。鮭はほとんどを冷薫しスモークサーモンに。一部は山漬けと言って、塩をした鮭を4、5日熟成させます。これはふり塩した塩鮭と違いおいしさが増します。生筋子は餅網に軽く擦り付けると卵がほぐれ、それを数回水洗いして塩で味付けしたり、醤油や酒やみりんで味付けしたりしてイクラにします。最近は小さめの生筋子を選んで、みそ漬けにして筋子を作ります。みそに塩こうじやみりん、醤油など調合して好みの塩加減の筋子 ができます。市販のはしょっぱすぎて食べることはありませんが、自家製の甘塩のイクラや筋子はいくらでも食べてしまいます。

ROTONDO小淵沢

一面のイタリアン「ロトンド」。さっそく行ってみました。石窯ピッツァランチ(マルゲリータ)と生パスタランチ(ペペロンチーノ)を頂きました。両方ともサラダがついて1500円。ぺペロンチーノは野菜がたくさん。マルゲリータはお店の中の大きな石窯で焼いているようで、とてもおいしかったです。他にも炭火焼きの野菜やお肉、鱒などもありました。
夜は午後5時から8時(L・O)です。

郁夫のシネマコラム

リラの門
1957年作、監督ルネ・クレール。「巴里祭」「パリの屋根の下」ジェラール・フィリップ主演の「悪魔の美しさ」で有名な巨匠による、ルネ・ファレル原作「大環状線」の映画化です。自身のオリジナル脚本のみ映画を撮ってきましたが、この小説に惚れ込みはじめての映画化で、フランス・シネマ大賞を獲得しました。日本では同じ一九五七年に翻訳出版されています。無類の人の良さを発揮するジュジュ役のピエール・ブラスール、猫好きの芸術家アルティス役はフランスの魂を赤裸々に歌う、今は無き偉大なるシャンソン歌手ジョルジュ・ブラッサアンス、そして、殺人を犯し酒場に逃げ込んだヤクザ者バルビエ役アンリ・ヴィダル、このヤクザ者に惚れてしまう酒場の主人の娘マリヤ役のダニー・カレル。この四人の登場人物を中心に、パリの下町界隈を情感溢れ、しがない庶民をしみじみ描きだされた人情喜劇映画です。パリ生まれのルネ・クレールは場末の庶民を愛情深く描く事に得意とするところです。小津安二郎に共通するところも有ります。
話は少し代わりますが、十五年前、パリに旅行した時、すべての映画に関するフイルム図書館「シネマテイック・フランセーズ」へ行き、ルミエール兄弟の映像をみて、そして「リラの門」のDVDを買い求めたのを思いだします。そして、原作の題である「大循環線」に汽車が走っていた跡地は、草花が整備された綺麗な遊歩道となっていました。もうひとつ、偉大なる歌手ジョルジュ・ブラッサンス。聴いたことありますか。日本ではアズナブール、アダモ、ピアフ程、知られていませんね。しかし、フランス国内では大統領より有名で、全国民に愛されています。それを実証するがごとく目撃したのが、私が宿泊したホテルの地下のレストランのオーナーはコルシカ島出身で、ギターを得意として、片隅に小さなステージが設けてあり、そこに高校生位の学生が、弾き語りでG・ブラッサンスの最大ヒット作「薔薇色のゴリラ」を歌い始めました。そして、高校生グループとレストランの客を巻き込んで、大合唱となり、ブラッサンスの歌がフランス人の魂となっている事に出会いました。機会が有りましたら、聴いてみてください。強烈な皮肉と人間愛に満ちた歌詞に大きな感動を覚えます。因みに、映画の中でも猫好き役でしたが、実生活でも五、六匹の猫と寝食を共にしていました。彼はフランス以外の海外への公演は一度もしていません。理由は猫の為。アナーキストとはこの様な人物を指すのですね。
映画に戻りますが、ブラッサンスはこの映画を評価していません。ルネ・クレールと意見の対立が有ったそうです。また、原作での最終部分はジュジュが汽車に轢かれる所を暗示して終えていますが、映画では芸術家との強い友情を改めて確認し、少し謎めいて終えています。
最後にこの「リラの門」、塩尻市にある、確かな審美眼を持つ館主に選ばれた秀作を上映している驚くべきシネマ館「東座」で10月4日まで上映されていました。その後、ルネ・クレール初期の傑作「巴里祭」10月5日から11日、1週間限定で上映。すぐにでも足を運ぶべし。

八ヶ岳 秋のおすすめイベント

月下草舎ライヴ

Vol.29 バロックコンサート
高原の紅葉とともに
出演:デユオ・リュタン
朝倉未来良(フラウト・トラヴェルソ)木村夫美(クラヴサン)
・J.オトテール M.ブラヴェ J.B.
De ボワモルティエ ラモー他
・日時:10月20日(日曜日)/開演:午後2時 
・チャージ:2500円
・会場:ペンション月下草舎  電話: 0551-36-4801

田中翠 創作人形展

北杜市津金在住の人形作家田中翠さんの作品展です。江戸あやつり人形の頭(カシラ)と衣装を制作。
期間中、インド舞踊と人形芝居の上演があります。席数に限りがあるため要予約です。
会期:10月11日~11月24日/9時30分~午後5時
場所:津金学校 電話:0551-20-7100
入館料 200円(こども100円)

●福島まゆみインド舞踊
11月3日 午後2時30分500円
●人形芝居「雪わたり」
11月9日・10日 午後3時
おとな1500円こども500円

どこに行こうか迷います!

◆台ケ原宿市/アート作家と語りクラフト作品に出会い骨董品を掘り当てる3日間
北杜市白州町台ケ原
10月18日(金)・19日(土)・20日(土)
◆ポールラッシュ祭カンティフェア
10月19日(土)・20日(日)/清里清泉寮前広場
◆八ヶ岳まるごと収穫祭
10月26日(土)27日(日)/八ヶ岳農業実践大学校
◆私のカントリーフェスタIN 萌木の村
10月26日(土)27日(日)/萌木の村中央広場
手づくりの魅力再発見!

冬の楽しみ♪

スノーシュー

冬の一押しはスノーシュー
雪原を歩くだけなのに別世界の発見がたくさん!歩くことが好きならどなたでも楽しめます♪
頼もしいガイドも揃っています。
スキー

サンメドゥズ(清里)・富士見高原(富士見)・富士見パノラマ(富士見)・シャトレーゼ(川上村)など、初心者から上級者まで楽しめるゲレンデ
がどこも車で20~30分ほどのところにあります。ゲレンデのレストランも充実しています!
温泉

スパティオ小淵沢の「延命の湯」をはじめ、市内にいくつも温泉があります。温泉巡りをしてお気に入りの温泉を見つけるのも楽しいのでは?

編集後記

八ヶ岳は朝晩ぐんと冷え込むようになり、スパティオ通りの桜が赤く色づき始めました。今年も台風が多かったですね。15号台風による千葉や伊豆諸島の被害は目を覆うばかりでした。10月から増税となりましたが、被災地の復興や福祉・教育など納得できる使い方をしてほしいと願わずにはいられません。(風)

▲このページのトップへ
▲トップページへ